べんとの記録
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アイランド
アイランドを観て来ました。

レディースデイですから!

確かパールハーバーを作った人が作ったんだよなーと、一抹の不安を覚えつつ、

他に惹かれる映画もなかったのでみることにしました。

冒頭のあたりで思ったのは、

「あれ?ユアン・マクレガーの肌が汚い。かっこ良くない。むしろ気持ち悪い。」

でした。

共演の女優さんについても、

「んー、いまいち。エロい顔だな。美人だけど角度によってはマズイ顔だな。」

って思いました。

これは一緒に観に行った人も同じ意見。



でもでも、終わる頃にはユアンに恋心抱いてました。女優さんもだいぶグッドです。

我ながら洗脳されやすい感じです。


ストーリーは、テレビコマーシャルのまんま。

遠くない未来に、人間のコピー(クローン)が作られて、その事実を知ったコピーが反乱。

以上です。


それだけ? ええ、それだけです。 って感じなんですが、やっぱりちょっと感動します。

倫理に反することはしちゃいかんなって思いました。

作り手が「ほれ、ここだよ。ここで感動しろ。」

っていうシーンで感動します。

我ながら洗脳されやすい感じです。


近未来SFですから、すごい乗り物も出て来ます。

バイクのようでバイクでない、空飛ぶバイク。

ほら、乗ってみたいでしょ?カッコいいでしょ?っていう乗り物。

「乗りたい!アレに乗りたい!ニケツでもいいから乗せて!」

と思いました。

やっぱりここでも作り手の意図にまんまとね。はまってますね。


でもいいんです。映画は楽しめるかどうかが重要なのですから。

私が洗脳されやすいかどうかはどうでもいいことなのです。

素直に言えないけど、つまり楽しめたよと言いたいのですよ。


パールハーバー、アルマゲドン、アイランドならアイランドが首位かな。

過去現在未来ときてマイケル・ベイ、次はどうするんでしょうね。



つけたし

劇場予告でティム・バートン最新作、ジョニー・デップ主演の作品をみました。

タイトル忘れた。チョコレート戦争?いや絶対違うけどそんな雰囲気のタイトルだった。

すごく観たい!あの世界に行きたい!












スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved