べんとの記録
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
震える舌と交渉人

昨日の深夜、テレビでやってた映画「震える舌」を見てしまいました。

めっちゃくちゃ恐かった。

内容は別にホラーではなく、小さい女の子が破傷風にかかるだけ。

バッハの無伴奏チェロ組曲が流れる画面で女の子が泥遊びをしてるシーンが印象的。
その泥に破傷風菌がいた模様。


女の子が発病して発作を何度も起こすのですが、一体どんな
大女優だよってくらいリアルです。


光とか音とかの刺激で発作が起きるのですが、
「来るぞ、来るぞ・・・。」




来たー!!

みたいなスリルがたまらなかったです。

恐ろしい大声で泣きながら痙攣するんです。

そして毎回舌を噛むんです。
痙攣しながら血だらけで大人に口をこじ開けられ、歯を抜かれる女児(推定6歳)。


しばらく夢に見そうです。



震える舌(私が題名をつけるなら「震える体と噛み切る舌」)のせいで寝不足でしたが、
今日は「交渉人 真下正義」をみて来ました。
レディースデーですから。

レンタルでいいんじゃね?という疑問とともに友人と
2時間越えの長丁場を頑張ってきました。

結論から言ってわりと面白かった。
すくなくともレインボーブリッジのやつよりはだいぶ◎です。

東京ってすごい街だなーって思いました。
夜景の空撮などが圧巻で、ビルフェチじゃなくてもちょっと興奮。


いやー、映画ってほんっとに素晴らしいですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved